株式会社マエダホーム HOME  >  家づくりの流れ

家づくりの流れ

マイホームができるまで

初めてのマイホームづくりは期待も膨らむけど、何から始めればいいか、何を調べればいいのかわからないことが多く、不安もいっぱいです。ここではそんな皆様の疑問にお応えして、マイホーム検討からお引き渡し、お引き渡し後のアフターメンテナンスまでの流れを確認していただけます。

STEP.1 出会い

お問い合わせ

ホームページや新聞折り込み広告などで気になる家があれば、「お問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。

住宅完成見学会への参加

住宅完成見学会とは、お施主様のご厚意により、お引き渡し前に一般公開させていただくものです。マエダホームは、お金のかかるモデルハウスや立派なカタログを用意していません。
完成見学会は、マエダホームの家づくりを確認していただける場です。毎回多数の方にご来場いただいています。お気軽にご参加ください。

ご相談

現在のお住まいの住居に対する不満や悩み、資金計画、ご要望の間取り、希望する土地などをお聞きします。お客様にぴったりのマイホーム計画の第一歩です。専門のスタッフが対応いたします。なるべく詳しくお聞かせください。

STEP.2 建築計画

敷地調査

建築予定の敷地について、弊社のスタッフが土地周辺の状況調査や、市役所などでその土地の建築制限などを調査します。
また、スウェーデンサウンディング試験方法等による地盤調査を行い、軟弱地盤が隠れていないかどうかをしっかり調査します。
軟弱地盤を発見した場合、基礎補強や地盤改良を計画します。

ご提案・見積り提出

お客様のご要望・ご予算に合わせたプランや建築土地などをご提案します。
最初のご提案に満足いくことは稀です。相談、打ち合わせ、提案を繰り返すことで、お客様に合った家の設計・計画が出来上がります。

資金計画

ご提案の際、資金計画のご提案も同時にさせていただきます。
マイホーム取得に際しかかる様々な費用(本体、税金、諸費用、雑費)を組み込んだ資金計画です。
住宅ローンは他のローンとは異なり、長期の返済となりますので、大変重要な計画です。ご提案内容が、自分たちの人生設計において無理のない計画なのか、ここで再度確認をしていただきます。
ご提案に無理があれば、再度プランや資金計画をやり直します。
資金計画に沿った、住宅ローン融資の申し込みを行います。

STEP.3 契約

重要事項説明

契約に際しまして、所在、地番、地目、家屋番号、土地、建物の面積等、物件に関する項目の重要事項説明をさせていただきます。

建築請負契約

家づくりについて、十分確認いただいた上で、建築請負契約を締結させていただきます。もちろん、この契約に関する項目の重要事項説明も併せてさせていただきますので、ご安心ください。いよいよ楽しい家づくりのスタートです。

STEP.4 詳細打ち合わせ

カラーコーディネート、仕様打合せ

専門のスタッフが、お客様のご要望やイメージを基に、心地よい住空間を作るために、外観や内観のカラーコーディネートの打ち合わせを行います。
コンセント位置や照明のスイッチの位置など、ここでしっかりと打ち合わせしておきましょう。

建築確認申請

建築に必要な申請書類を作成し、特定行政庁や民間の指定確認検査機関に提出し審査を受けます。

STEP.5 着工?完成、お引き渡し

解体工事・整地

家を建てる敷地は、既存の建物や障害物等、何もない地面でなければいけません。新しい敷地に家を建てる場合は、この作業は済んでいることが多いです。建て替えの場合は、古い家を壊す解体工事が必要となります。

地縄

敷地に地縄を張り、建物の配置を確認していただけます。

地鎮祭

地鎮祭は、工事を始める前に、神を祀って工事の無事を祈る儀式と一般的には認識されています。地鎮祭は、お客様のご意向により実施するものなので、実施しないお客様もあります。

近隣あいさつ

工事に着工する前に近隣へのあいさつをします。

丁張(チョウハリ)

家を建てる敷地は、既存の建物や障害物等、何もない地面でなければいけません。新しい敷地に家を建てる場合は、この作業は済んでいることが多いです。建て替えの場合は、古い家を壊す解体工事が必要となります。

仮設工事

工事をしていくうえで必要な、電気、水道、トイレを設置します。 工事期間中だけ設置されます。

地盤改良工事

敷地調査の結果、地盤改良が必要な場合に実施します。

基礎工事

基礎は家が傾いたりしないよう、荷重や地震、台風を地面に伝える役を担う部分です。ベタ基礎は、建物全体に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がします。また、地面をコンクリートで覆うことで床下の地面からの水蒸気を防いだり、シロアリ対策としても効果があります。
コンクリートを打ち込む前のタイミングで、鉄筋の配筋工事の状態など、工事管理及び工事施工が適切に行われているか確認するため、特定行政庁などが検査します。この検査に合格してから、コンクリートを流し込みます。この時に、土台を固定するアンカーボルトや柱を固定するホールダウン金物も埋め込まれます。

土台敷き

基礎が出来たら次は土台敷きです。
基礎と土台の間に基礎パッキンと呼ばれるスペーサーを挟み込み、床下の換気の為の隙間を確保すると同時に、土台の腐れを防ぎ、これによりシロアリ対策や耐久性を上げる効果もあります。

上棟

いよいよ上棟です。上棟の日は、棟梁をはじめとする大工さん、レッカー車オペレータ等、6?8名で、柱や梁、最上部の棟木まで一気に組み上げます。
この日一日で、建物の骨格が組みあがり、それまでの設計図と言う平面でしかなかったものが、実体化してその姿を現します。

屋根工事

屋根の勾配に合わせて屋根の中心部から軒先に向けて、骨格となる木材が架けられます。その後、雨漏りを防ぐための下葺きルーフィングで覆ってから、その上に瓦桟と言う木材を施工し、それに瓦が止め付けられます。

中間検査

中間検査とは、建物が建った後では隠れて見えなくなってしまう部分(耐震上重要な筋交いや、補教金物等)を、工事の施工中に検査することを言います。これは特定行政庁などが行うもので、この検査に合格すると「中間検査合格証」の交付を受けます。

外部工事

玄関や勝手口などのドアや窓のサッシが取り付けられるのと同時に、外部の工事も始まります。雨水の浸水を防ぎ、水蒸気(湿度)を通して壁内結露を防ぐ効果の透湿防水シートと呼ばれるシートを壁に貼ります。また、ベランダの床面にはFRP防水を施し、雨水対策が出来た段階で、放水による外部防水の検査を行います。検査合格後、サイディングと呼ばれる外壁などの施工をします。

内部工事

外部の造作が進められる一方で内部でも造作工事が始まります。
間仕切り壁や細かな部分の工事や電気配線、内外部の工事が行われます。
大工工事が完了した段階で、下地などの検査を行います。検査合格後、内装の工事に移ります。

内装・設備工事

天井や壁のクロスを貼り、建具やキッチン、洗面化粧台等の設備の取り付け、畳の敷き込みを行います。この間、現場には様々な業種の職人が出入りします。

完了検査

建築工事がすべて完了したら、特定行政庁などが行う完了検査を受けます。
これは、完了した建物が適法に建築されているかどうかを現場で確認するものです。検査に合格すると「工事完了検査済証」の交付を受けます。

完成

完成検査に合格すると、いよいよ完成です。
お引き渡し前に美装工事を行い、お家をきれいにします。

完成見学会

お客様のご厚意により、完成したお家を一般公開するものです。

お引き渡し

こうして完成した家は、建て主と設計者、施工管理者、担当営業が立ち会って検査を行い、その後お引き渡しとなります。引き渡しの時には、取り扱い説明やメンテナンスの方法などの説明を受けていただきます。

お引越し

引っ越し業者を選択し、いよいよお引越しとなります。
ご近所への入居あいさつや自治会への入会手続きを済ませて、新しい生活のスタートです。

STEP.6 詳細打ち合わせ

アフターサービス

引っ越し業者を選択し、いよいよお引越しとなります。
ご近所への入居あいさつや自治会への入会手続きを済ませて、新しい生活のスタートです。

舞鶴・綾部・宮津の注文・新築住宅やイベントはお気軽にお問い合わせください。/0120-04-4393(平日9時-17時)

お問い合わせフォームはこちら

このページの上へ